守備の心構え!ランナー2塁の外野守備の動き方!

 

今日はランナー2塁の時の『外野手』の動き方について記載させて頂きます。

先日の記事でも全く同じお話をさせていただきました。(詳しくはコチラ

守備の時は、その場面・状況によって想定される動きを全て頭に入れてから守備に臨むことが重要となってきます。

それは何故か??

全ての動きが想定していないまま守備につくと、その打球を『見てから』どうするのか?について考えてしまいま

簡単にまとめると

  1. 打球、送球(牽制等)を見る
  2. その状況に応じた動きを『思い出す』
  3. 体が動き出す。

というような流れの動きだしとなります。

この2番の思い出す時間が動きの一歩目を遅らせてしまいます。

思い出す時間を減らし、打球・送球を見ただけで体が動き出さなければなりません。

そのためには、『事前に想定しておく』これが重要であります。

想定させれることというのは沢山ありますが

本日は、ランナー2塁の『外野手』の動きについてお話してまいります。

 

①守備の想定項目(共通)

ライトの守備の場合重要となってくるのが

  1. 内野ゴロへのカバー
  2. アウトカウントによるセカンドランナーへの対処
  3. 頭を超える打球であったときの投げる場所

簡単にですが、最低でもこれらを想定して守備につく必要がます。

内野ゴロへのカバー

通常のカバーですね。

内野手がゴロを捕球しそこなった時に、カバーにいるかいないかで雲泥の差がでます。

しっかりカバーに入っておきましょう。

 

アウトカウントによるセカンドランナー対策

どのポジションでも同じなのです、ランナーがセカンドとなった時点で『一つのヒットで得点につながる』状況となります。

特にアウトカウントが進むにつれて、ランナーがスタートを切りやすい状況ができ、得点に繋がりやすくなります。

  1. ノーアウト・ワンアウトの時のランナーは、あわよくばホーム狙っています様子を見て対処ましょう。
  2. ツーアウトの時ランナーは、絶対にホームを狙ってきます、絶対ホームを狙ってきたランナーをさせる『ポジショニング』をしましょう。

相手打者が強打者の場合少し深めに守りたくなってしまいます。

しかし、この場合は頭を超えられるより、セカンドランナーをホームに返さないことが重要となってきます。

 

頭を超える打球

ランナー1塁の時は、頭を超えた場合でも、ホームでさせる可能性がありましたが、

ランナー2塁は頭を超えられた時点で、ランナーをさすのは『無理』です。

バッターランナーへの対処に切り替えて対処していきましょう!

②ポジション別注意事項

センターの注意事項

センターの場合は、投手からのセカンド牽制へのカバーがあります。

私のチームではショートからのサインで、牽制の有無を知らせてもらって対処していましたが

このサインなく牽制が来た場合、相手バッターを警戒して深い守備になっていたら、カバーに間に合いません。

ショートとよく打合せしておきましょう。

 

ライト・レフト

右バッターの時のレフト、左バッターの時のライト

少し深めのポジションになりがちです。

外野からの返球が150km出るんです!

なんて凄い送球が出来るのであればいいですが、なかなかそういうわけにも行きません。

『自分の送球とよく相談』してポジションを決めましょう!

 

③まとめ

ランナー2塁となった場合から、一点を阻止するためにどうすればいいのか?を考える必要性が高まります。

何度もお話していますが、自分の送球、走り等々とよく相談したポジショニングを意識しましょう!

守備の際に事前に想定をするのですが、ふとした時に『不足』します。

この不足に気づけるのが、最初は事後であったものを、事が起きる直前、事が起きる前というように、経験を積み重ねることで簡単に引き出せるようになります。

考えすぎて損するなんてことはありませんので、沢山のことを想定し守備をしていきましょう。

 

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方