硬式13年と軟式7年今ならわかる違い『野球送球編』

2018年10月18日

 

今回は軟式と硬式の違いについて、記載させて頂きます。

私は学生野球では軟式1年半、残りは大学までの13年間硬式で野球をしておりました。

就職後2年は野球をせず、3年目の時に仕事先の方にお誘い頂き軟式野球は7年目となります。

軟式を始めた頃、球を投げようとすると「ボールが下にいく」のです。

そっと置きに行くように投げるしかなく、投げているというよりは『砲丸投げ』のような投げ方となってしまい。

  • 送球が力なく
  • ボールも伸びない
  • コントロールも悪い
  • 肩への負担が大きい

そのため私は、肩を痛めてしまい「塁間すら投げられない」(軟式ボールが軽すぎて肩が抜ける)状況が数年続きました

投げられないと野球って楽しくないのです。

大好きであった守備がとても憂鬱なものとなってしまっていました。

これではいけない!!

それから一年ほどかかりましたが、自分なり投げ方の違い・ボールの違いについて考え、色々試し辿り着きました。

腕の使い方、リストの使い方を変えることで、突然ボールが投げられるじゃありませんか!

その時感じた『投げ方の違い』についてお話していきたいと思います。

 

①そもそもボールの素材が違う

硬式のボール

硬式の球は表面が皮でできており、軟式の球と比べ滑りやすくなっております。

送球の際指から離れやすいボールであると言えます。

そしてボールも大きく、重たいというのが特徴となります

 

軟式のボール

しかし、軟式の球はゴムのため指から離れにくくできています。

軟式の球は指から離れにくいボールであるといえます。

そしてボールが小さく、とても軽いのが特徴です。

②二つのボール送球法の違いについて

それぞれのボールの性質を考慮して、どうすればいいか?を考えた結果

硬式ボールの送球

  • 腕を上から下へ腕を振る
  • リストは出来るだけ真下に向けて使う
  • 出来るだけ長くボールを持てるようにする

硬式の球を押し出すように投げてしまうと、指からすぐ離れてしまいます。

それを、腕・リストを地面に向かって使うことで、離れていくボールを最後まで追いかけ続けることが出来ます。

そうすることで、ボールの球持ちがよくなり、『力と回転を』与えられるのです。

 

軟式ボールの送球

  • ボールを投げたい方向に腕を振る
  • リストは出来るだけ手の中で滑らせていく
  • ボールは最後は爪で切っていく

軟式のボールは指から離れにくいボールであるため、ボールが指に『くっついてしまう』とう現象が起きます。

硬式同様に下に下に力を入れてしまうと、指からボールが離れずボールも下に行ってしまいます。

その微調整を腕とリストでしようかということです。

少し腕の振り、リストの使う方向をボールの向かう方向へ変え

指で押し切るといいところで離れずらいので、少し爪で切るようなイメージでリリース(指からボールを離すこと)をする

これが、私の感じた大きな違いです。

③二つのボールを考察した結果

硬式のボールと軟式のボールは材質も違う、大きさも違う、重さも違う、何もかも違うのです。

そんな二つのボールを『同じ投げ方で同じ球が投げれるわけがない!』

これが、私が辿り着いた結果です。

ここで気づかれた方もおられるかもしれませんが、上半身・・・むしろ『送球する腕の使い方』のお話しかしておりません。

 

要注意ポイントです!

『体の使い方は同じ』なのです。

腰の使い方、足の踏み込み方、上半身の壁、左手、体の割り等々

これらは全く同じだと言えます。

同じ投げ方の中で、腕の使い方だけを変える。

これが、軟式を投げた時に硬式の球を投げるためのコツです。

是非参考にして頂けたらと思います!

 

 

硬式軟式の『打撃』の違いについてはコチラ

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方