ヒットエンドランを確実なものにするために必要な事。

 

今回はヒットエンドランについて記載させて頂きたいと思います。

ヒットエンドランは、ランナー1塁の場面に多く使われる戦略です。

野球では、バント・盗塁に並ぶ初歩の戦略となります。

ヒットエンドランの特徴として

  1. ヒットエンドランを成功させることでランナーが進塁しやすい。
  2. バッターは狙い撃ちが必要のため難易度が高い。

少し博打のような戦略ですが

しっかり練習をし、確実性を磨くことで成功率を上げて初めて戦略として使用出来る。

そんな戦略となります。

では、ヒットエンドランについて詳しくお話ししていきます。

 

①ヒットエンドランとは?

先ほども触れましたが、ランナー1塁の状況で多く使われる戦略です。

ヒットエンドランの流れ

打席には「右打者」「ランナー1塁」の状況下でのヒットエンドランだとします。

ランナーは普通に盗塁をします。(打者のインパクト(打つ瞬間)はきちんと見ましょう)

盗塁をすることにより捕手からの送球を受けるため、セカンドベースに野手がカバーに行きます。

「右打者」のときはセカンドがベースカバー「左打者」のときはショートがベースカバーがセオリーです)

今回は右打者ですので、セカンドの野手がベースカバーへ向かいます。

そうすると、一二塁間が大きく空きます。

そこを狙って「ゴロ」を打ちます。

ランナーは既に走り出しているため、三塁を狙います。

打者も通常ならセカンド「ゴロ」の打球でヒットとなります。

するとランナー1・3塁となり、得点率の高い状況が作り出せる。

これが、ヒットエンドランです。

②何故打球はゴロなのか?

ヒットエンドランの場合打者は必ず「ゴロ」を打つ必要があります。

絶対「ゴロ」です。

それは何故か?

打球が飛球・ライナーの場合、相手野手が捕球する可能性があります。

そうなってしまうと、折角ランナーが走りだして「アドバンテージ」を取っていたランナーが

打球を見定めるのに「止まらなくてはなりません」

これでは、走り出した意味がありません

企画倒れとなってしまうからです。

 

③では、ゴロを確実に打つためにはどうすればいいか?

要注意です!

バットを上から下に(ダウンスイング)をしたからといって、ゴロにはなりません!

上から叩けば打球は下に行き、下から叩けば打球は上に行く?

そんなことはありません。

結局はボールのどの「高さ」にバットを当てたか?です。

ボールの「中心より下」を叩くと上に飛ぶ

ボールの「中心より上」を叩くと下に飛ぶ

そもそも、ダウンスイングはボールの中心より少し下を叩き、球に回転を与え打球を飛ばすためのスイングです。

ゴロを打つためのスイングではありません。

では、どうすればいいのか?

ゴロを打つ時はレベルスイングをしましょう。

(レベルスイングは、地面と水平にバットを振ることです。)

レベルスイングをすることによって、「自分がどの高さを振っているのか」が分かりやすいからです。

高さがが分かりやすいと、ボールの高さに合わせやすく、ボールの中心から上の高さに当てやすくなります。

ボールの衷心より上を狙って叩きやすくなります。

ゴロを打つ際には意識してみましょう!

④最後に

ヒットエンドランは、バント・盗塁と同じくらい基本となる戦略です。

盗塁によって、動かされた方向に打てるのが一番良いですが

(左右への内訳について詳しくはコチラ

打球の方向性より、打球を転がせるかどうか?です。

ヒットエンドランを成功させるためには、打者が「ゴロ」を打つことが最重要です。

どんな投球が来ても、ゴロを打つ!

しっかり意識しましょう。