バッティングセンターの選び方!良し悪しを理解しよう(野球打撃)

2018年10月7日

 

こんにちわ!

今回は、バッティングセンターの良し悪しについて記載させて頂きたいと思います。

皆さんは、バッティングセンターに行く際、「何を」基準として選んでいますか?

遊びに行くのであれば、単純に楽しめればいいですが

実戦(試合)に向けての、打撃の練習であったり、試合前の調整。

いわゆる、「実戦に繋がる」練習をしに行くのです。

なので、ただ家から近い!価格が安い!という理由で、バッティングセンターに行くことはおすすめしません。

それでは、全く実戦に繋がることはありません。

 

では何を見て判断すればいいのか?

どんな機械が投球しているか??

これに注意しましょう。

人が投球した球と、機械が投球した球は「別物」です。

指でしっかり回転を与えて投球する機械などありません。

とはいえ、機械にも種類があり、「実際の投球に近い機械」もあります。

実際の投球に近い機械のあるバッティングセンターを選べば、実戦に繋がる練習が出来ます。

色々なバッティングセンターを見て、判断していきましょう。

人と機械、何が違うのか?

そもそも機械の投球と、人の投球の大きな違いは?

  • 機械は投球の際「手のひらで押し出すような投球になります」
  • 人は投球の際「指先で球を回転を与えながら投球します」

この二つには大きなさがあります。

「空気抵抗」です!

手のひらで押し出すような投球は、球の回転数が少なく、空気抵抗を大きく受け「球が揺れます」。

指先で回転を与えられた投球は、球の回転数が多く、空気抵抗が少なくなり「球が真っ直ぐきます」。

 

試合前に感覚を得ようと思って「実戦に向けた」練習に来ているのに、全く見当違いの球を打つことになります。

あまり効率が良いとはいえません。

とはいえ、全ての機械が見当違いの球をなげているか?

というと、そういうことでもありません。

人の投球と差が少ない機械があります。

その機械が置いてあるバッティングセンターを探しましょう。

人の投球に近い機械とは?

機械の種類は大きく分けて二つあります。

  1. 球を押し出す機械
  2. 球を挟み込んではじき出す機械

1. 球を押し出す機械は、球に回転をほぼ与えていません。

そのため、空抵抗が大きく、投球が揺れます。

その球を打てたからといって、実戦には全く繋がりません。

下の写真が球を押し出す機械です。

 

2. 球を挟み込んではじき出す機械について

この機会を使用する機会のあった方は、ご存知かと思いますが

この機械は、角度を変えることによって、直球から、カーブ、スライダーなどを再現することが出来ます。

ということは、「回転がかかっている」ため、空気抵抗も少なく、人の投球に近い練習が出来るということです。

下の写真が、球を挟み込んではじき出す機械です。

 

まとめ

今までお話したことで伝わったと思いますが

上の写真の球を挟み込んではじき出す機械の方が、より「実戦に繋がる」練習が出来る!

ということになります。

もしかしたら、近場にないかもしれません、高額かもしれませんが、「それだけの価値」があります。

私が野球を今までしてきて、感じていたことは「考えた量が多い人はうまい」ということです。

たかがバッティングセンターのことかもしれませんが、こういった細やかな部分に目を向けられるかどうか?

こだわりを持てるかどうか?

こういった一つ一つのことが、全てに通じているのだと、私は考えています。

是非自分にあった、バッティングセンターを見つけて「実戦に繋がる」練習をしましょう!

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方