外野フライを簡単にする方法![野球守備]

2018年10月16日

 

こんにちは!

今回は、難しい外野フライの捕球方法について、記載させて頂きます。

簡単なフライの捕球(詳しくはコチラ)でも少しお話しましたが

せて頂きます。

外野のフライには、いくつか難しいものがあります。

  • 「真後ろのフライ」
  • 「流し打ちの曲がっていくフライ」
  • 「低いライナー性のフライ」

この3つがあります。

この3つの特徴としては

真後ろのフライは、背中にボールを見ながらの捕球(詳しくはコチラ)

流し打ちの打球は、自分から遠ざかっていく打球

低いライナーは、前後の距離が間違いやすい打球

それぞれの難しさがあり、「特殊なフライ」もありますが

簡単なフライでも、落下地点の予想が外れ、前に走り過ぎたところから、後ろに戻って捕球すると、難しいフライに変わります。

逆もまた然りで、

難しい外野フライも、走り方、捕球時の体制をより良いものにする事で、簡単に捕球出来るものです。

そのための「考え方」について記載させていただきます。

 

①流し打ちの曲がる打球

そもそもセンターを守っていると、流し打ちの打球はきません。

  • 右バッターの時の、ライトの守備
  • 左バッターの時の、レフトの守備

に「限定」された、状況でのフライになります。

 

引っ張った打球と違い、流し打ちをした打球は、ファールゾーンに向かって逃げて行きます。

その打球を見ながら、追いかけてしまうと、ボールがどんどん曲がっていくため、追いつけません。

では、どうするのか?

  1. 流し打ちを「強打出来る打者」でない限り最初から、ファールゾーンへよっていましょう。
  2. 飛んで来た打球の真正面ではなく、「ファールゾーン側」に、落下地点を予測しましょう。

曲がることを想定して守りましょう!ということになります。

流し打ちに強打出来る打者は、そうそういません。

基本は、1と2の事項を注意しておきましょう。

もし可能であれば、ファールや素振りで、流し打ちを強打者出来る打者かどうかを判断しておくと、より良いでしょう!

②ライナー性の打球

これは、ライナーのため、伸びてくる打球なのか、前に落ちる打球なのか、全く分からない時があります。

全く分からない時は

判断できるまで、前に向かって絶対に走らない!

これは、絶対事項です。

明らかに前に落ちる打球は、前に走っても良いのですが

前か後ろか判断出来ない打球もあります。

その時に、前に走ってしまって、意外と打球が伸びてしまい、前から後ろに走る・・・

これをしてしまったら、簡単に取れたはずのフライすら、難しくしてしまいます。

ライナー性の打球が来た時は

絶対に前に出ない!

よく覚えておきましょう!

③野球はよーいどんではない!

今まで、難しいフライへの対処をお話しておりましたが

何故難しい打球なのか?

ギリギリ届くかどうかの打球だから難しい!

余裕をもって取れる打球が難しい!

なんてことはありません

 

何故ギリギリなのか?

スタートが悪い、足が遅いなんて話ではなく

守備位置が悪いのです。

もし完璧に落下地点が予測出来たとして、そこに守っていたらどうでしょう。

足の速さも、1歩目の遅さも関係なく簡単に捕球が出来るでしょう!

 

とはいえ、完璧に落下地点を予想することは難しいです。

野球はヨーイドンでは、ありません。

守備位置を決める時に相手バッターをよく観察する事で、ある程度打球を予想出来ます。

是非、難しい打球が簡単に捕球出来る守備位置(予想)が出来るようにしていきましょう!

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方