遠投で意識すべきこと!(野球送球)

2018年10月16日

アフィリエイト広告

こんにちは!

今回は「遠投」について、記載させて頂きます。

遠投をしてる時、何か意識されていますか?

ただ投げているだけであったり

何とか遠くに飛ばすために力いっぱい投げでいる。

なんてことはありませんか?

それだけでは、遠投の意味がありません。

なんのために、遠投をしているのか、目的意識をはっきりしましょう!

 

①遠投での目的をハッキリさせる

例えば!

100m遠投で投げられる選手が2人いたとします。

2人に60mの距離を投げてもらった時に、同じタイミングで相手に到達するか?

答えはNO!!です。

2人の球には、それぞれの特徴があります。

球は速くないけど、凄い伸びる球

逆に、伸びないけど、球が速い

もしくは、どちらも兼ね備えているのかもしれません。

この様に様々な送球がある中で

「あなたは何を目指すのか?」

これが決まらない限り、目的に向かって進めず、ただ体を酷使するだけの作業になってしまいます。

目的を決めるにあたり、どういったものがあるのか?

これについて少しお話していきたいと思います。

②回転数の多い球

回転数が多い球は、いわゆる「ノビのある球」と呼ばれるもので、これが何故良いと言われるのか?

基本どんなものにも重力がかかっており、地面に向かって落ちていくものです。

しかし、「ノビのある球」というのは、地面に向かって落ちにくい球となります。

「ノビのある球」というのは、比較的地面と平行に進みます。

そのため、送球してから捕球するまでの球の移動距離が短くなります。

移動距離が短くなるため、その分失速しにくくなります。

これがノビる球です。

 

③勢いのある球

そのままですね、球に力が乗るということです。

もし、ノビがなくても、球が地面に落ちるまでに勢いで届きやすく

ワンバウンド送球をしても、球の勢いがある

ということになります。

④目標を意識した遠投をする

今簡単に2つの送球の種類を、説明しましたが

どちらも実践するのはなかなか難しいです。

ノビのある球というのは、球に回転を与える必要があり、球に回転を与えるには、球を切る(擦る)投げ方となり

勢いのある球は、球に直接力を与える必要があり、球に勢いを与えて行くので、球を押し出す投げ方に近くなります。

球を切ると、押し出すを両立した球というのは、とても難しいので

自分が得意であると思う投げ方を練習し

どちらかに「特化」ましょう!

そうする事で、どちらかに特化することが出来ます。

特化する事で、他の要素というのは、それなりについてきます。

どっちつかずにならず、自分がどの投げ方をしたいのか?を意識し、練習しましょう!

 

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方