必見!!内野ゴロ、素早い送球に繋げる練習!!

2018年10月16日

こんにちは!

今回は、「内野のゴロ捕球」という事で記載していきます。

内野のゴロ捕球は、基本グローブ側の足が前になる様に捕球します。

なぜかというと、内野の場合捕球後強い送球を行うより、取ってから送球するまでの時間を短くする事が大事になります。

捕球側の足が前だと、2歩で送球が出来るため、グローブ側の足が前が「基本とされています。

基本を抑える為の練習について、しっかり抑えて行きましょう。

 

①内野のゴロ捕球の形

※右投げの方を基準に記載しております、左投げの方は左右逆にお読み下さい。

  1. スクワットの腰を下げた状態を作る
  2. 左足を前に出しましょう。
  3. グローブを左足のくるぶしの横にグローブを構えます

これが、基本の形となります。

この形が出来ることにより、体に近い位置での捕球が出来るので、送球へスムーズに繋がります。

注目事項

※スクワットの形は、腰を下げる際つま先より前に膝が出ないようにしましょう。

※グローブは必ず左足の内側に構えましょう。

グローブが左足の外に来ると、体から遠くなるため、グローブが扱いにくくなります。

どんな打球が来ても、これだけは「厳守」しましょう!

②捕球から、送球までの動作練習

  1. ①の捕球の形をしましょう。
  2. グローブの位置にボールを転がしてもらいましょう。
  3. 捕球後、「素早く」送球方向に腰を向けましょう。

この時、捕球したグラブは胸元に持ってきましょう。

素早く腰を向ける事で、素早く送球する体制を作る練習となります。

野球をする上で、「全て共通」なのですが

上半身だけでは、下半身がついてこず

下半身だけでは、上半身はついてきません。

「腰」を切る!

「腰」を向ける!

この事により、上半身も、下半身も上手く動きます。

この練習では特に、「腰」を動かす事を意識しましょう!

 

とはいえ、腰を投球方向性へ素早く向けたが、ボールが上手く持ち替えられなかったら、送球出来ません。

では、ボールの持ち替えを素早くするためには、どうするのでしょう?

③素早い持ち替えは、グローブでする!

ここでしてはいけないのは、

「送球側の手でボールも取りに行く」事です。

そうしてしまうと

ボールを握る→送球モーションを始める→送球する

の3段階になってしまいます。

ですので、

  • グローブで、送球する手に持っていきましょう。

そうする事で

ボールを握り変えながら、送球モーションを作り→送球する

の2段階で送球まで辿り着くことが出来ます。

 

④余裕があれば!

  • 手のひらに乗せるように捕球しましょう!

グローブで掴んでしまうと、グローブの深いところに入ってしまいます。

深いところに入ってしまうと、持ちかえる際に手でボールを取りにくくなってしまいます。

ですので、取るのではなく手のひらに乗せて、投球側の手に持っていく事で、簡単に右手で掴めます。

すると、持ちかえがスムーズになり、素早い送球に繋がります。

慣れないと少し難しいですが、出来るようになると格段に早くなります。

④まとめ!

  1. 捕球の形で、確実な捕球!
  2. 腰を向けることで、素早い体制作り!
  3. 手のひらに乗せた捕球で、素早い持ちかえ!

これが出来れば、とてもスムーズな内野の守備となります。

守備は基礎を繰り返し、繰り返し行い磨く事で培う技術であり、「職人技」です。

是非沢山練習して、職人になりましょう!

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方