打球の強さは、体の向きで決まる!(野球打撃)

アフリエイト広告

こんにちは!

今回は、「野球の打撃」という事で記載させて頂きます!

最近草野球していて、ん?昔何となくで出来たことが出来なくなってる・・・

変化球を見て反応出来ていたのに・・・(悲)

なんて事があります。

ちょっとなんでだろ?なんてよく考えさせられます。

しかし!そこはポジティブな私!

考える・・・とても大事な事ですね!

考えると、出来てた頃の自分と今の自分照らし合わせ考えます!

すると、「なぜ?」出来なかったかが出てきます!

なぜ?に気づけると、なぜ?に向けて練習して、取り戻した時、なんだか達成感があってとても嬉しくなります!(笑)

すみません、余談でした!

では、体の向きの大切さのお話に戻りたいと思います!

 

①体の向きの大切さ

体の向き、何がどう大切なのか?

体の向き=体が体重移動いる方向です。

これが、打球の方向に向いていないと、体重がしっかり乗らず、打球が力なくなってしまいます。

そのため

体の向きは、打球の方向へ向かう!

必要があります。

これが出来る事によって、打球の向きに体重が乗り、センターもしくは、流し打であっても、強い打球になります。

では、体の向きについて、どうやって感覚を得るのか?



②体の向きをイメージする為の練習

  1. 普通に素振りをしましょう!
  2. 素振りの中で、打ちたい方向にバットを投げてみましょう。

周りに人がいたりすると、危ないのでよく確認してからやってください。

私は、ティーバッティングのネット(網の部分)などに投げたりしておりました。

なかなか思うところに飛ばないと思います。

飛ばないという事は、体の向きが違うところに向いているという事です。

 

体が開いていたら、流し打ちの方向に絶対バットは飛びません。

体が開きすぎていると、フェアーゾーンにも投げられないなんて人もいると思います。

しかし、これが出来る頃には、打ちたい方に強い打球が打てる様になります。

ほかの記事でも記載した、壁の練習も出来ます。

しっかり抑えておきましょう!

③最後に

この練習で得た感覚を生かして、打撃練習をしましょう!

なかなか、自分のスイングに体の向きを取り入れるには時間がかかります。

しかし、その分効果は絶大です。

右にも左にも打てる「広角打法」格好良いですね!

是非頑張って練習をしましょう!!

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方