必見!ミート力を上げる方法!

アフリエイト広告

こんにちは!

今回は、ミート力を上げる方法について、記載させて頂きます。

ミート力はとても大事です。

どれだけ力があっても、物凄い早いスイングが出来ても、ボールにバットが当たらないと、打球が前に飛ぶことはありません。

打撃は当てるところから始まる

これは、間違いないです。

当てる技術を磨いて、どんどんヒットを量産しましょう!

 

①ミート力の練習の前に

ミートを意識したスイングと、当てに行くスイングが違う

どう違うのか?

ミートを意識したスイングは

自分のスイング(素振りをしてきたスイング)の中で、ボールをよく見る、バットを短く持つなどする事で

自分のスイングが崩れない範囲で、ミートを意識するという事です。

 

当てに行くスイング

自分のスイングを崩して、ミートしに行くことです。

腕だけを伸ばして当てに行ってしまったり

遅い球にゆっくりとスイングをしてしまう

という事です。

 

当てに行くスイングになると、当てるだけになり

ミートを意識したスイングだと、しっかりと当てに行く

という事になります。

 

その要因は

バットの振り初めがタイミングの合っていないのに、無理やりタイミング合わせたり

ストライクではない球を振る事によって、遠い球をうちに行ってしまっているなどがあります。

違いを理解して、打席に向かいましょう。

アフリエイト広告

②練習方法

  1. バットを持つ時に右手と左手に隙間を作りましょう!(最大自分の握りこぶし3つ程度)
  2. その状態で素振り、もしくは、ティーバッティングを行いましょう。

何故この練習なのか?

自分の手から、ボールを当てる位置(バットの芯)が近い方が当てやすい。

この練習をした時に、上手く打てない時は

体がボールの方に先に向かっていたり、体が早く開いていたり様々な要因があります。

そういった体の動きについても、自分で体感として分かるのがこの練習の特徴です。

「正しいタイミングで振り出さない」と、ボールに当たらない練習です。

 

注目事項

本気で振ってしまうと、少し打ちにくいので

軽く振り、当てる感覚を手に入れましょう!

そうする事で、実際の打撃の際に、当てる感覚と何が違うのか明確に理解出来ます。

③練習に慣れたら

「左右の手を逆」にした状態でバットを持ち、素振りをしましょう。

これをする事で、先程の練習にプラスアルファ「手首を使うタイミング」が分かりやすくなります。

この2つの練習をする事で、「正しいタイミングで振り出さない」「手首を使うタイミング」が手に入ります。

これが出来てくると、上手く当てるだけでなく、球に上手く回転を与えて、長打を打つイメージが手に入ります。

是非練習に取り入れて、ヒットを量産しましょう!

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方