必見!真後ろのフライを捕球する為の練習法!(野球守備)

2018年10月16日

 

こんにちは!

今回は、真後ろのフライの捕球方法について

真後ろのフライは、取るのがとても難しいです。

真後ろのフライは、普通に追いかけると、飛んできているフライに背を向けて走る事になります。

背を向けて走ると、ボールが見にくいですし

ボールの位置がよくわからず、捕球も難しい状態になります。

打球によっては、全力疾走しなければなりません。

全力疾走しながら、フライを見ながら、捕球をする・・・

捕球時の体のバランスが悪く、とても捕球が難しい状態になります。

しかし、真後ろだから難しいのです。

真後ろのフライを真後ろではなくせば、少しでも捕球がしやすくなります。

その為の考え方、練習方法についてお話していきたいと思います。

 

①真後ろのフライの取り方

フライを取る際の基本の一つが

ボールの延長線上に入らない

延長線上にはいると、フライに背を向けてしまって、追いづらく、捕球しにくいのです。

真後ろのフライも同じなのです。

真後ろのフライを、追う時は

真後ろに走る時は、延長線上ではなく

左右のどちらかにほんの少しズレる様に走ります。

そうする事で、ボールも見やすくなり捕球もしやすくなります。

こうすることで、真後ろのフライが少し簡単に捕球出来るようになります。

どんなフライでも、延長線上に入らない様にしましょう。

 

 

②真後ろに走り出す

そもそもなのですが、真後ろに走り出すのってとても難しいです。

ボール追うことと、関係なくやってみて下さい。

素早く走り出せますか?

なかなか難しいと思います。

ですので、後ろに走り出す時は

腰を切りましょう。

上半身で方向転換をすると、どうしても一回で、真後ろを向けません。

腰を捻る事で、一気に真後ろを向くことが出来ます。

そうすると、とてもスムーズに真後ろへ走り出しができるようになります。

後は、真後ろの球の捕球の練習法です。



 

③真後ろの球の捕球練習

  1. 真後ろに向いて、軽くボールを投げてもらいます。
  2. ボールに背を向けて走ります。
  3. この時に、左肩の方から、ボールをみたら、次は右肩の方からみるを交互に行い捕球します。

この練習を行うことで、ボールから目を離して走る練習

背を向けて、バランスの悪い状態での捕球の練習

背を向けても、フライの位置を把握する練習

が出来ます。

いわば、自分の技術を磨くことが出来ます。

これが出来ていれば、後方のフライは、難なく捕球出来る様になります。

是非練習に取り入れて頂き、真後ろのフライを簡単に捕球出来るようになりましょう!

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方