左右の打ち分けはタイミングではなくバットの向きだ!

2018年10月12日

 

今回は、左右への打ち分け方について記載させて頂きます。

打球の方向性を決める要素には、色々ありますが結論から言うと

インパクト(ボールを打つ場所)の時のバットの向き

です!

おおまかに言うと

バットのヘッドが手首より「後ろ」にあると流し打ちとなり

バットのヘッドが手首より「前」にあると引っ張り打ちとなります。

 

 

流し打ちについてよくある勘違いがタイミングを遅らせると思ってしまう事です。

タイミングを遅らせると、インパクト(ボールを打つ場所)の位置が変わってしまいます。

そうなってしまうと、自分のインパクトで打てず強い打球が打てません。

打っているではなく、当たっただけの打球となってしまいます。

そうならないために、きちんとした打球の打ち分け方法をしっかり抑えていきましょう!

 

①打球の向きは何で決まるの?

打球の向きは

打撃のインパクト時の、バット向きで決まります。

先ほども触れましたが

バットのヘッドが手首より「後ろ」にあると流し打ちとなり

バットのヘッドが手首より「前」にあると引っ張り打ちとなります。

左右の打ち分けに関して、バットを振るタイミングは「全く関係ありません」

ですので

インパクトというのは、引っ張ろうが・流そうが・センターに打とうが・ホームランをうとうが、全部同じタイミングでバットを振ることが基本です。

そうでなけれは、自分のインパクトで打てないため、強い打球が打てません。

注意しましょう!

②全て同じインパクトを覚えるための練習

全て同じインパクトをするということは、ストライクゾーンの外角~内角まで、すべて同じ位置で打つことになります。

そのための練習として、少し特殊な「ティーバッティング」がとても効果的です。

  1. 真横からボールを投げてもらいましょう
  2. 全てセンター方向に打ちましょう。

真横から投げてもらうことで、外角も内角も自分に向かって一直線に並びます。

全て同じインパクトが実現します。

このインパクトを体に馴染ませ、バットの向きを変える。

そうすれば、打球の勢いを落とすことなく左右へ打ち分けることが可能となります。

③まとめ

左右の打ち分けはタイミングではない!

左右への打ち分けは

  1. 左右の打ち分けは「バットの向き」だけでしろ!
  2. 打つ「タイミングは全て同じ」

覚えておきましょう。

 

これが体現できるかどうかで、全く別人のようになります。

最初は少し難しいですが慣れると、たったこれだけのことかとなります!

強くて確実な左右への打ち分けを手に入れましょう!!

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方