テイクバックの基本(野球打撃)

2018年9月20日

こんにちは!

今回は打撃の基本について、触れていきたいと思います。

基本的には、素振りで形を作っていきます。

素振りでの形作りは

沢山素振りをして、もう振れない・・・

となった所からの10スイングが大事だと言われています!

ある程度我流であっても、振込んだスイングは、とても綺麗です。

とはいえ、基本は大事です。

基本を抑え、沢山素振りをしましょう!

 

アフリエイト広告

①バットの構えの高さ

正直、人それぞれです。

自分の1番力みなく、タイミングを取りやすい位置

になってくるかと思います。

構えは、自由なのですが

足を踏み出した際のテイクバックの位置

これは、どんな構えからでも皆同じと言われています。

ですので、足を踏み込んだ時のテイクバックの位置には、注意が必要だと言うことになります。

 

②テイクバックとは?

そもそも、野球でのバッティングは、1・2・3のタイミングで振るものです。

  1. 構え
  2. 踏み込んで、テイクバック
  3. インパクト

となります。

この、2のタイミング(いつでもバットが振れる)状態の時のバットの位置をテイクバックと言います。

このテイクバックの位置が、とても重要となってきます。

では、基本となるテイクバックの位置とは、どこなのでしょう?

 

 

③テイクバックの位置

テイクバックの基本の位置でしが

  • 真後ろに引くこと
  • 肩の高さに引くこと

この2つがとても重要となります。

まず、真後ろに引くについてですが

これは、背中の方向に引くのではなく

左肩と、右肩の延長線上に引くのです。

これが、背中の方に引いてしまうと、右肩が後ろに入り、投手に背中が見えた様な状態になります。

その状態から、バットを振るとバットがインパクトに向かって真っ直ぐ出てこなくなります。

特に内角が全く打てなくなります。

捕手の方向にバットを引くというイメージで、テイクバックをすると、わかり易いかと思います

 

次に、肩の高さに引くです。

これは、肩の高さより、高い位置に引いてしまうと、低めが打てません

逆に肩より低くなってしまうと、高めが打てなくなります。

ですので、肩の高さにバットを引く事がとても大切になってきます。

簡単にまとめると

  • 捕手の方向に、バットを引こう
  • 肩の高さに、バットを引こう

という事になります。

自分ではそのつもりがなくても、テイクバックの位置が背中の方向に入っていたりする事があります。

鏡や、ビデオなとで、1度自分のスイングを確認してみて下さい。

是非正しいテイクバックを得て、弱点を減らしましょう!

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方