ボールの握り方で、送球は変わる!(送球基本!)

2018年10月16日

 

アフリエイト広告

こんにちは!

ボールの握り方!について記載させて頂きたいと思います。

知ってるよ?って方も、沢山いると思いますが・・・

意外と間違えている・・・勘違いしている・・・

なんてこともあるかもしれません!

という事で、記載していきたいと思います。

 

①握る時の指の形

  • ジャンケンで言う、チョキの形を作りましょう。
  • 親指の上に、ボールを置きましょう
  • 人差し指・中指・親指で、ボールを支えましょう

これが、指の形です。

とはいえ、気になるのは

指が全部ボールが触れてていいの?

縫い目のどこを持つの?

だったり、色々あります。

1つづつ行きましょう!


②ボールを握った際、どこがボールに触れるか?

とても重要ですね!

しっかりと抑えて行きましょう!

  • 人差し指、中指の第1関節を、ボールの縫い目にかけましょう。
  • ボールと、手のひらの間隔は、指一本入れる程度にしましょう。

この時意識して頂きたいのは、ボールを握るのではなく縫い目に引っ掛ける程度でボールを持つ事です。

そうすることで、指の付け根とボールに指1本ぐらいの隙間ができます。

その「隙間が大事!」になってきます。

 

隙間をつくることで、ボールに触れてる指が点になります。

隙間なく、指が多く触れると、面で触れている状況になり、どこで最後に球に回転を与えて良いのかが、分かりにくくなります。

「隙間を作り、指の点でボールを持つ」

 

これをする事で、1点に力を入れることが出来、スナップ(手首を前後させ、手首の力を使うこと)が良くききます

スナップきくと、球によく回転がかかり伸びのある投球となります。

この様に、ボールの持ち方1つで全く効果が変わってきます。

これは、ボールの縫い目においても同じことが言えます。

では、ボールの縫い目はどこを持つといいのでしょうか?

③縫い目はどこを持つの?

  • 下記画像の、左上の丸  位置に人差し指と中指
  • 人差し指と中指は、指1本分離す。
  • 下記画像の、右下の丸  位置に親指

 

この位置を持つことが、基本とされております。

何故、この位置が基本かと言うと、

  1. 指が縫い目に掛けやすい
  2. フォーシームになる

縫い目に指がしっかりかかると、力が入りやすく、玉に回転がよくかかります。

フォーシームとは、ボールが一回転している間に、4回縫い目が見える事を言います。

一回転に4回縫い目がくると、伸びのいい玉になります。

握る位置を変えると、縫い目が2回しか来ない所もあります。

すると、フォーシームより伸びなくなります

言わゆる、ツーシームと呼ばれる投げ方です。

握り方だけでも、様々な変化があります!

まずは、基本のフォーシームをきっちり習得し、色々な握り方を試してみましょう!

 

こちらのサイト様がとても、わかり易かったので、リンクさせて頂きます。

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方