必見!ベースを上手く使う方法![野球走塁]

2018年9月23日

アフリエイト広告

こんにちは!

走塁時のベースの使い方ということで、走塁について記載させて頂きます。

前回、走塁法①  走塁法②の記事にでは、リードってどんなものなの?

という事について、お話させて頂きました。

今回は少し戻って、走塁のもっと基本的な所、考え方について、触れていきたいと思います!

 

①走塁の考え方

野球では、ダイヤモンド(真四角)の形にベースが設置されております。

ですので、ホームから走り出して、一塁ベースを踏んで、そのまま二塁ベースまで走る時

ホームから、一塁ベースまで直線に走ってしまうと、二塁ベースに向かって行く時に、90度の角度の方向に向かうことになります。

全力疾走している最中に、ベースから90度に曲がって走る・・・

そんな走り方は出来ません!

必ず失速してしまいます。

ですので、失速を防ぐ為に一塁ベースを駆け抜ける時を除き

ベース付近を通過する時は、右に大きく膨らみます。

そうすることで、次の塁に向かう際に、失速しない様に走る必要があります。

簡単に言うと、ベースは真四角に設置されていますが、走塁の際は円を描くように走るイメージとなります。

ベース直前膨らむのではなく、大体なのですが、5~6歩手前から膨らみ出すととてもスムーズに、ベースを回れます。

次の塁だけを狙う時は直線に

次の次・・・その先の塁まで狙う際は、膨らんで走りましょう!

という事にになります。

②走塁中のベースの使い方

走塁の考え方に記載させて頂いた、円を描くように走る以外にも、ベース周りで失速しない方法があります。

ベースは、右足で思い切り蹴りましょう!

なぜ、右足で蹴るのか?と言いますと

左足でベースを蹴ると、ベースの上で足がクロスしてしまい、次の塁に向けて上手く蹴れず失速してしまいます。

右足でベースを蹴ると、次の塁に向けてベースが蹴りやすいです。

蹴りやすいと、ベースを蹴る時にしっかり力が入ります。

力が入るので、失速しなくなります。

とはいえ、左右の足のタイミングが合わない時があります

アフリエイト広告

③左右の足のタイミング合わない時は・・・

ベース直前で、ジタバタ足を合わせてしまうと、結局失速してしまいます。

ですので、

右に膨らみ出した頃から合わせましょう

少し具体的にお話すると

①走塁の考え方で記載した、ベースの5~6歩手前から膨らみ出す時から、足を合わせると、失速せず、スムーズに足を合わせられます。

る時を除き

ベース付近を通過する時は、右に大きく膨らみます。

そうすることで、次の塁に向かう際に、失速しない様に走る必要があります。

簡単に言うと、ベースは真四角に設置されていますが、走塁の際は円を描くように走るイメージとなります。

ベース直前膨らむのではなく、大体なのですが、5~6歩手前から膨らみ出すととてもスムーズに、ベースを回れます。

少し長くなりましたが、この3点を意識するだけで、ベースを周回するスピードが格段に早くなります。

是非実戦頂けたらと思います!!

 

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方