リードはここが大事!走塁法(野球走塁)

2018年9月23日

アフリエイト広告

こんにちは!

誰でも上手くなれる走塁について記載させて頂きます。

前回もお話させて頂きましたが・・・

足の速さ  =  走塁のうまさではありません。

勿論足が早い方が有利ではありますが、それだけでは、走塁とは呼べません

1つ1つ基本を押さえて行きましょう!

 

①リードとは?

打者が打つまでに、ランナーが離塁し、少しでも次の塁に近づく事を言います。

ベースの上で、じっとしているより、少しでも次の塁に近づいた方が、お得だね!って事です。

リードには二つのリードがあり、第1リードと、第2リードと呼ばれるものがあります。

 

②第1リードとは?

投手が、投げるまでにするリードです。

簡単に言うと、離塁です。

投手がプレートを踏んだタイミングで、数歩次の塁に向かって離塁をします。

このリードが大き過ぎる(塁から、距離が離れ過ぎる事)と、投手の牽制(投手がランナーがいる塁に投球する事)で、アウトになりやすくなります。

だからといって、リードが小さ過ぎると、次の塁へのアドバンテージになりません。

では、どの程度の距離がいいのでしょう?

 

 

③リードの距離について

寝転んで、手を伸ばした距離➕ 1歩

最低限の距離です。

何故この距離が最低限なのかと言うと、寝転んだら届く距離だからです。

どれだけ、投手の牽制が上手くても、寝転んだら届く距離アウトになりません。

ですので、この距離が最低限とされております。

因みに私は、リードがそんなに得意ではないので、寝転んで手を伸ばした距離から、2歩程離れた距離のリードをしております。

とはいえ、この距離を試合でリードする時に寝転んで確認するなんて事は出来ません。

練習の時に寝転んだ距離を測って(寝転んだ所に線を引いてみるなど)みて、横歩きをして何歩なのか、確認しておきましょう!

 

第2リードとは?

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方