やるしかない!力みないスイングをするための意識!

2018年11月9日

こんにちは!

今日は力みなくバットを振る方法について記載させて頂きます。

何故力みなくバットを振るのか??

少し他の記事でも触れているのですが、『無駄な力』がどれだけ動きを制限しているのか!

 

無駄な力とは!?

例えば

  1. 手を力いっぱい握りしめたまま、腕を振ってみましょう
  2. 手を全く力をいれずに、腕を振ってみましょう

1と2を比較してみてどうですか?

もう、聞かずともわかります。

2の方が振りやすいし、扱いやすい(腕の振る位置を定めやすい)はずです!!

 

ということは・・・・

バットを振るときも同じです!!

無駄な力がなくバットを振れた方がいいのです!

上にも書きましたが、『無駄な力』が減るだけで

  • バットが速く振れます!
  • バットが正確に振れます!

これは、『無駄な力』が入らないようにするしかありませんね(笑)

では、今回はそのための意識について記載しております!

 

①力みないスイングをするための意識

80%程度の力で振りましょう!

なぜ、80%なのか?

バッティングも、ピッチングも全て同じなのですが

構えた時の力の入れ具合が0%、打つ瞬間100%、フォロー(打ち終わった時)0%

この、0%の力から、打つ瞬間だけ、100%の力を入れ、また、0%に戻ってくる

私は、ゼロ・ヒャク・ゼロと呼んでいるのですが、これがとても重要となります。

前談でもお話をしましたが、力は入れたらいいというわけではなく、適度に力を入れる必要があります。

 

この力配分が出来るのが理想なのですが、これを完全に体現することは難しいです。

そこで、80%程度の力で打ちましょうです。

②80%の力で打つとは?

0%の力から、100%に出来ても、その後0%に戻ることはとても難しいです。

ですので、

0%の力から、80%程度の力を入れ、0%に戻ってくるようにしましょう!

100%の力でこれをするのは難しいですが、80%の力ですと、とてもイメージが付きやすいです。

80%の力ですと、力の配分がとても分かりやすいです。

練習であれば、80%もいらないくらいです。

 

この意識をもってバットを振ることによって、瞬発的に力を入れることを覚えることが出来ます。

瞬発的に力を入れる事が出来ると、バットスイングスピード格段に上がります

これは、バットのスイングだけではなく他の練習でも共通することです。

むしろ、走ることですらこの意識がとても重要となってきます。

少しの意識の違いですが、全く別物です。

ゼロ・ハチジュウ・ゼロ!

是非お試し下さい!

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方