守備はグローブの形から始まる![基本編]

2018年10月8日

こんにちは!

今回は、グローブの形作り方ご紹介したいと思います。

好み、考え方が様々ですが・・・

グローブの形を作る際に、基本的な事は抑えて置く必要があると思います。

それが出来ていないと、捕球がグローブのせいで変な癖がついてしまったり、捕球を難しくしていたりします。

わざわざ自分の道具に、捕球を難しくされている!

なんてことになっていたらショックですね・・・

ではグローブ作りの「基本」とはどういうものなのか??

  1. グローブの芯を知ろう!
  2. グローブの芯位置の確かめ方!
  3. グローブの芯を定着

まずはこの三つです。

これが出来て初めてグローブになります!

しっかり覚えて起きましょう!

 

①グローブの芯を知ろう!

グローブには、芯と呼ばれる場所があります。

グローブは、芯にボールを当てると自然に閉じる様に出来ています。

芯にボールが収まるということは、ボールがグローブに当たった時点でピタッと止まります。

ファンブル(グローブの中でボールが動き回る動作)がなくなり、落球(エラー)の可能性が極端に減ります。

 

なのに、グローブの芯を知らずに形を作ってしまうと・・・

芯に当たってなければ、捕球の際掴みこむ必要がある。

掴もうとしても、グローブの中でボールがファンブルする

ファンブル(ボールが動き回る)のでボールの持ち替えにとまどる。

等々、ふと思いついたものを記載しましたが、それだけでこんなにも芯のないグローブには「デメリット」しかありません。

まずは芯の位置を確かめ、グローブの形作りをしていきましょう!

アフィリエイト広告

②グローブ芯位置の確かめ方!

簡単に言うと、1番大いい音が鳴る所です。

(良い音、パン!と手を叩いたような音)

(良くない音、パスっと紙を叩いた時の様な音)

 

グローブの芯とは、グローブの1番深い所ではありません。

グローブを付けて、ボールをグローブに当ててください。

当てたボールが、ピタッと止まる所があります。

そこが、グローブの芯です。

(グローブの1番深い所より、少し人差し指に寄った所あたりです。)

いい音が出て、ピタッとボールが止まるところが「グローブの芯」である!

是非覚えて起きましょう!!

③グローブの芯の定着

※1  グローブをはめて、グローブの芯にボールを何度も当てましょう。

最初は出来るだけ、叩きつける様に当ててください。

当てれば当てるほど、グローブの芯にボールの形が付きます。

すると、捕球時に、自然と芯にボールが当たる様になります。

※2  芯の位置にボールを置いて、グローブを閉じる様に縛ります。

※1同様グローブの芯にボールの形を付ける事で、捕球時に、自然と芯にボールが当たる様になります。

にボールが当たるグローブが完成したら、キャッチボールしてみてください!

いい音がでます。

いい音が出ると、とても気持ちいいんです。

捕球がとても楽しくなってきます!!

芯のあるグローブを作っていきましょう!

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方