寝転んで出来る練習!(投球練習)

2018年10月16日

こんにちは!

今回は家で簡単に出来る練習法、寝転んでも出来る練習いう事で、練習方法をご紹介したいと思います。

いかに他の人が練習をしていない時に、練習するか!

自主練をしていると、ふとした時に、結果に繋がります。

私は、その時に成長を感じられるので、自主練とても大好きなんです(笑)

という事で、家で簡単に出来る練習・・・

今回は、投球した球の回転について記載させて頂きます。

 

①練習方法

  • まず、仰向けに寝転びます。
  • 天井に向かって、軽くボールを投げます。

※1  投げたボールが投球した方向真っ直ぐ回転してるか確認します。

※2  球が回転してる側面(◎←このように球の回転の側面、回転してる球の中心が見えてはいけません。)

 

②練習の効果

  • 投げた球の回転が真っ直ぐになるイメージが付きます
  • そのイメージを持って実際投げることで、球が伸びるようになります。

投球時、球にきちんと力が伝わっていると、投球した方向真っ直ぐ回転します。

投球した方向に回転するということは、投げたい方向に力が乗っているという事になり、球がよく回転する様になります。

よく回転するということは、球のノビ格段に上がります。

簡単に言うと、球の回転が真っ直ぐになると、力が乗り、球がよく回転し、よくノビる球になるということです。

これが出来るようになると、間違いなく送球が格段に良くなります!

回転を極め、レーザービームの様な送球!!

とまでは、言いませんが・・・ノビのある送球を目指しましょう!!

③余裕のある方へ

この練習方法は、変化球の練習にも使えます。

自分が投げたい変化球の向きに、きちんと回転しているか、確認出来ます。

カーブなら、斜めの向きに真っ直ぐ回転しているか

(カーブの時でも、回転している球の中心見えない方が良いです。)

フォークなら、回転を抑えられているか

握り方を変えた時指の力の入れ方を変えた時、にどんな回転をするのか??

なんてことも確かめられます!

簡単な練習ですが、考え方1つ幅広い練習となります。

色々試して、どんどん野球を楽しみましょう!!!

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方