簡単!最短スイングの為の練習![野球素振り]

2018年9月22日

アフリエイト広告

こんにちは!

今回も、素振りでご紹介していきたいと思います。

毎回記載しておりますが・・・

ただバットを振るだけでは、何も身につきません

何故この練習をするのかを理解すると、効果が全く違います

ヒットを打てたり、上手くなって、結果がついてくると、野球が楽しくなります!

色々な練習法を取り入れ、野球を楽しみましょう!

 

①スイング軌道について

バットの軌道の理想

バットを構えた所から、最短で打点(ボールにバットを当てる位置)に向かう事です。

最短で、打点に向かうという事は

バットを振り出してから、打点に到達する時間が短いという事になります。

打点に到達するまでの時間が短いと、短くなった分ボールを見定める時間が出来ます。

見定める時間が余裕が出来ます。

余裕があると、選球眼(ストライク、ボールの見定め)も良くなり無駄な力が入らない事にも繋がります。

最短で、打点に向かうスイングを身につけましょう!

②スイング軌道練習方法

※1  バットを構えます。

※2  構えたバットに、別のバットを据えます。

※3  据えたバットに当たらない様にバットを振ります。

(据えるバットは、投手と捕手に対して直角に据えます)

(据えるバットは、他の方に持って貰ってください、バットを据える方は、必ずスイングする方と向かい合って立ってください。)

 

この練習は、据えたバットに当たらない様にバットを振ることで、構えた所から直接ボールに向かってバットを出す練習となります。

これをすることで、最短のスイングイメージがつきやすいです。

思い切り振るというより、軽くバットを振りながら、軌道を確認するという方が近いです。

 

これが出来てきますと、ボールまで直線的に振れる様になります。(バットがボールに向かって最短で振れます。)

慣れてくれば、何もなしで振ってみ足りすると、違いが分かる様になります。

バットが最短で振れる様になると、打席でも余裕を持ったスイングが出来ます!(かなり実感があります・・・)

是非一度お試し下さい!!

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方