[守備練習] 知って損しない基礎③

2018年10月16日

 

こんにちは!

野球の中でも初歩にあたるキャッチボールで、知って損をしない練習法をご紹介したいと思います。

またも、キャッチボールです(笑)

キャッチボールの過ごし方が、投球捕球全てに繋ります。

その中でも今回は、ウェイトシフト(体重移動)について

お話していきたいと思います。

ウェイトシフトがきちんと出来ないと、

自分の体重が、ボールに伝わらず

体をただ左右に振っているだけとなってしまいます。

そうならない様しっかり練習をしていきましょう!

 

①ウェイトシフトの練習方法

(右投げの方を基準に記載させて頂いておりますので、左投げの方は左右逆にお読み下さい。)

※1  左足を、踏み込んだ状態で、下半身を固定し投球します。

※2  左手を投球前から、投球完了後も、相手に向けたままで、投球します。

(詳しくは、[守備練習]知って損しない基礎②)

体重移動は、ただ動けばいいというものではなく、丁度良い動かし方があります。

それを知ることで、初めて体重移動が出来ます。

なんでもやり過ぎては行けないという事ですね!

③練習するにあたっての注意事項!

上記の練習方法の※1だけで行うと、体がぶれやすく体が開きやすくなり無駄な力入りやすくなります。

その為、※2の左手を相手に向けるを併用します。

※②を併用する事で、体が開きにくくなり、投球前後の体のブレが少なくなります。

最初は難しいので、短い距離練習すると感覚を得やすいかと思います。

ウェイトシフトを身につけると、ほんの少しウェイトシフト(無駄な動きが減る)で、強い送球が出来るようになります。

咄嗟の送球や助走を付けた送球等、力みやすい投球際に、無駄な動きが減り、とても安定した強い送球が出来るようになります!

是非一度お試し下さい!

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方