知って損しない練習法(野球守備)①

2018年10月28日

こんにちは!

知って損をしない練習法!!ということで、ご紹介していきたいと思います。

野球の基本!といえばやはりキャッチボールですね。

キャッチボールは、野球でなくてもキャッチボールをして遊ぶなど、キャッチボールをする機会はそれなりにあります。

その際のキャッチボールとは、楽しく遊んでいるはずです。

今からお話しするのは「野球のキャッチボール」です。

キャッチボールを、野球にするためには、ただ投げて!捕って!ではいけません。

しっかり、「意図のあるキャッチボール」にしなければなりません。

では、意図のあるキャッチボールをするにはどうすればいいのか?

について記載していきたいと思います。

 

①捕球時の心掛け

必ず胸元で捕球しましょう!

胸元での捕球とは、

その名の通り、自分の胸の前で捕球するということです。

キャッチボールの時、投げる側も相手の胸を狙って投げるのですが、全ての投球を胸に投げれるなんてことはありません。

ここで大事なのが、キャッチボール相手の「送球がそれた時」です。

送球がそれた時、足を動かして移動しない限り、胸元で捕球することはできません。

送球がそれた時は、足を動かして、胸元で捕球する。

これがとても大切なのです。

 

②「何故」胸元で捕球することが大切なのか?

捕球した時の体制が、送球に反映するからです。

もし、送球を行う時

シーソーの上に立って送球するとしたら、「バランスが取れず」上手く送球することができません。

バランスが悪い体制での捕球だと、送球はしにくいということです。

胸元で捕球をすると、真っ直ぐ両足で立てており、バランスがいい状態となります。

バランスが良い体制での捕球は、送球しやすくなります。

このバランスの良い体制での捕球を、どんな球が来ても行えたとしたら、全ての送球が良くなります。

 

もし、内野のゴロを取捕球したが、投げたら誰もいないところだった・・・だと、意味がありませんね!

勿論やむなく足元で捕球する場合もあります。

そういった難しいゴロ、フライ、ライナーなどの捕球時も、チェンジ(攻守の交代)の時以外、捕球後必ず投げる必要があります。

「どんなに難しい球であっても、捕球時のバランスを良い体制にする!」

そのための練習がキャッチボールであるということです。

相手の送球がそれた時でも、足を動かし、胸元で捕球することで、良い送球に繋げる。

しっかり意識してキャッチボールをしましょう!

③グラブの使い方

野球のグラブは、ボールが入ると勝手に閉じるように出来ている!

そうなんです。

グラブって勝手に閉じるんです。

閉じないということは、捕球が「グラブの芯」に当たっていない。

間違ったところで捕球しているということです。

(芯について詳しくは、コチラ

グラブの芯にボールを当てる様な捕球方法となります。

 

二つの捕球方法を比較すると

グラブを指で無理やり閉じた捕球

  1. グラブの中でボールが止まらずファンブル(落球)する可能性が高い。
  2. ボールがグラブに入るタイミングに閉じなければならない。
  3. ファンブルするから、球の持ち替えがうまくいかない。
  4. グラブを閉じる作業に力が入り、捕球時にグラブがブレるため、捕球しにくい。

デメリットが多く

むしろ、わざわざ捕球を難しくしてしまっています。

 

グラブの芯で捕球すると

  1. ボールがピタッとグラブ内で止まります。
  2. 止まるため、持ち替えもスムーズ
  3. 当てるだけで、グラブが閉じるので、閉じるタイミングなんていりません。
  4. 当てるだけなので、ボールが来るのを待つだけなので、ブレません。

メリットが多く

当てるだけなので、とても捕球が簡単になります。

 

④まとめ

初投稿なので、少し気合いが入り過ぎて空回りしていないか心配ですが・・・

まとめます!

キャッチボール

捕球時

  • 捕球は、足を動かし、胸元で捕りましょう!
  • それが良い送球に繋がります!

グラブ使い方

  • グラブの芯を知り、当てる捕球を意識しましょう。

慣れると、どれもとても簡単なことです。

これを知って、キャッチボールをするだけで、選手としてかなりの成長が望めます。

是非実践していきましょう!!

 

 

知って損をしない練習法

家で簡単に出来る練習方法

グローブ形の作り方